障害年金相談サービス@熊本 │ 年間相談実績100件以上

障害年金相談サービス@熊本

【対応地域】全国対応

090-7926-6545

電話受付時間 : 平日9:00~22:00 土日祝日も営業

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

◆障害認定基準

障がいの程度について

 障害年金には、障がいの程度に応じて1級から3級までと障害手当金があります。
(3級と障害手当金は障害厚生年金のみ) その障がいの程度は下記のとおりです。

1級

 身体の機能の障害または長期にわたる安静を必要とする病状が日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のものとする。この日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度とは、他人の介助を受けなければほとんど自分の用を弁ずることができない程度のものである。
 例えば、身のまわりのことはかろうじてできるが、それ以上の活動はできないものまたは行ってはいけないもの、すなわち、病院内の生活でいえば、活動の範囲がおおむねベッド周辺に限られるものであり、家庭内の生活でいえば、活動の範囲がおおむね就床室内に限られるものである。

2級

 身体の機能の障害または長期にわたる安静を必要とする病状が、日常生活が著しい制限を受けるかまたは日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のものとする。この日常生活が著しい制限を受けるかまたは日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度とは、必ずしも他人の助けを借りる必要はないが、日常生活は極めて困難で、労働により収入を得ることができない程度のものである。
 たとえば、家庭内の極めて温和な活動(軽食作り、下着程度の洗濯など)はできるが、それ以上の活動はできないものまたは行ってはいけないもの、すなわち、病院内の生活でいえば、活動の範囲がおおむね病棟内に限られるものであり、家庭内の生活でいえば、活動の範囲がおおむね家屋内に限られるものである。

3級

 労働が著しい制限を受けるかまたは労働に著しい制限を加えることを必要とする程度のものとする。
 また、「傷病が治らないもの」にあっては労働が制限を受けるかまたは労働に制限を加えることを必要とする程度のものとする(「傷病が治らないもの」については、第3の第1章に定める障害手当金に該当する程度の障害の状態がある場合であっても3級に該当する。)

障害手当金

 「傷病が治ったもの」であって、労働が制限を受けるかまたは労働に制限を加えることを必要とする程度のものとする。

 
 上記の基準はおおよそのめやすであり、実際には各部位等において細かく基準が設けられています。具体的には障害認定基準を基に認定されることになります。

障害認定基準について

各部位等においてそれぞれ認定基準があります。詳細は下記よりダウンロードしてください。

障害等級認定基準
第1節 眼の障害
PDF
第2節 聴覚の障害
PDF
第3節 鼻腔機能の障害
PDF
第4節 平衡機能の障害
PDF
第5節 そしゃく・嚥下機能の障害
PDF
第6節 言語機能の障害
PDF
第7節 肢体の障害
 第1 上肢の障害
PDF
 第2 下肢の障害
PDF
 第3 体幹・脊柱の機能の障害
PDF
 第4 肢体の機能の障害
PDF
 (参考)肢体の障害関係の測定方法
PDF
第8節 精神の障害 
PDF
第9節 神経系統の障害
PDF
第10節 呼吸器疾患による障害
PDF
(参考)「喘息予防・管理ガイドライン2009(JGL)」より抜粋
PDF
第11節 心疾患による障害
PDF
第12節 腎疾患による障害
PDF
第13節 肝疾患による障害
PDF
第14節 血液・造血器疾患による障害
PDF
第15節 代謝疾患による障害
PDF
第16節 悪性新生物による障害
PDF
第17節 高血圧症による障害
PDF
第18節 その他の疾患による障害
PDF
第19節 重複障害
PDF

Return Top